生活情報TOP >  秋の暮らし特集 >  クリーニング店を120%活用しよう!|お店探し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進化しているクリーニングサービスも!「衣類のメンテナンスをプロにおまかせ!!」

長い間お世話になった夏服も、そろそろお役目終了の気候になってきました。お気に入りの衣類もきちんとメンテナンスして、来年まで休ませてあげましょう!来シーズンも気持ちよく着用するためにも、衣類のメンテナンスはプロにお任せしてみては?クリーニングを上手に活用してみましょう!

プロの技を頼りにしては?!クリーニング店での洗濯の種類

クリーニング店は衣料の病院です!!
間違った洗濯方法をしていると手間ヒマが余計かかってしまうだけでなく、衣類はキレイにならないし、失敗することによって縮んだり、色落ちしたり、など大切な服の寿命を縮めてしまう結果になることも・・・ 正しい洗濯方法を知りましょう!
クリーニングには、主に3つの種類があるそうです。よく耳にするのが「ドライクリーニング」。Yシャツやシーツなどの洗濯は「ランドリー」というそう。またドライで落ちないものを洗う「ウェットクリーニング」という技術もあるとのこと。
それぞれの洗濯方法の違いや特徴は以下を参考に!


1. 「プロならではの技術!ドライクリーニング」
家での洗濯は水と洗剤を使うけれど、ドライは水を使わない洗濯方法。
水の代わりに石油系の溶剤や有機溶剤で洗うため、ウール素材や合成繊維などの縮みやすい衣類でもキレイに仕上がるのが特徴。
「絶対に縮ませたくない」「型崩れもイヤ!」という大切な洋服や、色落ちしやすい衣類の洗濯に向いています。
また、ファンデーション、皮脂、食べ物の油汚れや、ついてしまったガムなども落とすことができます。
自宅洗濯よりも衣類へのダメージを抑えてくれるので、絹や毛などの繊細な素材のもの、水洗いでは色が出てしまう衣類、縮んでしまうウールのセーターなどは、ドライにお任せするのが賢いようです。


2. 「お店選びのアイコン!ウエットクリーニング」
家では落ちない汚れを落とすドライ。
それでも落ちない食べ物や血液などの頑固な汚れ、衣類の変色を水洗いで落とすのがウエットクリーニングです。
「ドライ可」と取り扱い表示に書いてある衣類を、自宅で水洗いするのと似ているイメージかもしれません。しかし、水に弱い衣類を水洗いすることができるのは、きちんとした知識と技術があるからこそ。
お店では、使う洗剤選びから洗浄、仕上げに至るまで、型崩れや縮み、風合いが変わらないように細心の注意を払いながら行い、時間と手間をかけてプレス機で仕上げていくのだそう。
ウエットは、業界でも日々開発を進めている高度な技術。これがキレイに仕上がるところは、良いお店といえそうです! ランドリークリーニングでピカピカ清潔に!


3. 「もう1つの技術、ランドリー」
なんといっても洗う力の強さ。水洗いに強い素材(Yシャツ、大きなシーツ、白衣など)の衣類が適しています。
(そんなの自宅で洗えるわ)と思ってしまうところだけど、お店では家庭用洗剤よりも洗浄力のある洗剤と温水を使うので、殺菌効果と漂白効果がバツグン!
また、ドラム式の洗浄方法だから、襟や袖口ばかりが黄ばんでしまうYシャツや、ワンパク小学生のガンコな遊び汚れも清潔にムラなく仕上がるのだそう。家族が毎日着るものこそ、真っ白に洗い上がっていると気持ちいいですよね!

クリーニングカウンターのイラスト

自宅クリーニングでせっかくの衣類が台無しに!そんな失敗をしないために!!!

衣類のメンテナンスと言えば、まずは「洗濯」!衣服は汚れると「通気性」「吸湿性」「保温性」が低下し、細菌が増え、悪臭が発生します。
しかし、着用した衣服を洗濯せずにいると、変色や劣化、また虫食いやカビの発生を引き起こす原因となり、更に汚れたまま長期間放置すると汚れは落ちにくくなる為、洗濯は衛生的観点から見てもファッションの観点から見ても、必要な行為であるのは言うまでもありません。最近は高機能洗剤が多くあり、自宅でクリーニングできるものが増えていますが、リストのように、実は自宅クリーニングが難しいものも…せっかくの衣類を無駄にしないために、要チェック!

自宅では洗濯しないほうがいいものリスト


1. 芯地が使われていいる衣類(スーツ、コート、ネクタイ)
洗うことができても、アイロン仕上げができないと着用することはできません。特に水による型崩れが激しい、背広やジャケットなどはアイロン掛けが必要な場合が多い衣類は要注意です。

2. 着物などの和服類
着物などの和服も基本的に家庭では洗えません。
たとえ洗えても、アイロンがけは非常にむずかしいので、クリーニング店又は専門店にお願いしてください。

3. 繊維の種類に関係なく、水で色が出る衣類
だけで色がドッと出る衣類は、基本的に洗えません。
単色の衣類の場合は、洗えるケースもありますが複色の色を使用している衣類の場合は、色移りが発生しますので基本的に洗わないでください。
このような衣類は、ドライクリーニングで洗うと色が出ない場合が多いのでプロのクリーニング店にお任せしてください。

4. シワ加工やプリーツ加工などの特殊加工をしている衣類
シワ加工やプリーツ加工などは水の影響により加工が消失するケースがあります。特にウールやシルク素材などの素材注意してください。
加工が消失すると基本的に再度加工をすることはできません。
また、シワ加工やプリーツ加工は永久的な加工ではないので着用や洗濯で消失してしまうケースもあります。

5. 革製品の衣類(一部革付の衣類も含む)
革製品も基本的に洗うことはできません。家庭でも洗えるケースもありますが、失敗する可能性が極めて高いからです。一部革付の衣類も革部分から色が出るケースが多いので、基本的にクリーニング店又は専門店にお願いした方が無難です。

6. カビや果汁などが付着したもの
カビは落とせたように見えても、実は根っこの部分が残っています。また、ジュースやワインなどの果汁は糖分が多く、酸化が進みやすいため、付いた直後に対処しないと落とすのが大変!

着物写真画像

最近のクリーニング店ではこんなうれしいサービスも!!

プロの仕上がりをかんじさせてくれるクリーニング店。最近ではとても便利なサービスもたくさん用意され、以前より使い勝手のよいお店が増えています。使わない手はありません!お近くのクリーニング店に問い合わせてみてだください!


1. 共働きならクリーニングは集配、宅配サービスの「宅配クリーニング」

2. 衣替えまでのクリーニング店の保管サービス

3. 靴のクリーニング!革のバックのクリーニング!

4. スーツ下/パンツの折目を持続させる形状記憶加工!折り目加工サービス

5. そのまましまえる!ほこりよけと通気性を兼ね備えた不織布カバーサービス

6. 水や油をはじく!撥水加工サービス

7. 衣類全体の繊維1本1本に花粉が付着しにくい皮膜でコーティング。花粉ガード加工サービス

8. 洗う頻度が低いもの、特に大切なものへ、『汗ぬき』『ダブル洗い』のサービス

9. お気に入りのお洋服まだまだ活用したい、リフォームサービス

上記以外にも色々なサービスがあります!「防菌・防臭・防シワ」の3つの加工を一度のほどこしてくれるサービスなど、ユーザーのニーズにあったサービスを探してみては?また、クリーニング店の頻度の高いユーザーには、衣替えのシーズンや曜日ごとに対象衣類を設定していあるお得な割引サービスがあったりするので、上手に利用してみましょう!

サービスイラスト

クリーニングを「上手に利用」するポイント

クリーニング店に衣類を出す際には、お店に対して要望や希望をきちんと伝えておくことが大切です。下記のポイントをおさえて、クリーニングを「上手に利用」できるようにしましょう。


1. 依頼する前に衣類の状態を確認
ポケットの中身は出し、シミがあればその場所を確認します。ボタンやほつれの有無を確認し、つくろっておきます。

2. お店ではしっかり情報伝達
事前に汚れやシミがある場所や、ほころんでいる場所を伝えておきます。洗濯方法や素材、装飾の有無、注意表示など、衣類の特徴を伝えます。スーツなど上下セットの衣類は、色変化を防ぐために上下一緒に依頼しましょう。

3. 修理サービスの活用
クリーニング店にほころびやボタンの取れを修理するサービスがある場合は、店に依頼するのも良いでしょう。

4. クリーニングのあとは衣類の点検
受け取ったらすぐに汚れ落ちや、衣類の傷み、寸法変化などを点検します。持ち帰ったあとは、ビニールカバーを外して、陰干しし、水分や溶剤を十分飛ばします。通気性が悪いので、ビニールカバーをしたままでの保管は避けます。

相談イラスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリーニング店一覧

お住まいの住所を選んで、あなたにぴったりなお店を見つけてください。

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

ページトップへクリーニング店を120%活用しよう!|お店探しページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集