生活情報TOP > 夏の暮らし特集 > ダニを一掃する「布団クリーニング」のご紹介とお店探し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

布団クリーニングのすすめ
あなたの布団はダニのすみか!?

梅雨シーズンは、家の中がジメジメ、ムシムシしてしまうものです。快適な眠りをもたらすはずの布団も湿りがち。おまけに高温多湿を好み、病原菌にもなるダニの繁殖期。気が付いたら布団の中はダニだらけという状況になりかねません。

まさかの衝撃。布団の中には膨大数のダニが潜んでいた

人間にとっては憂鬱な梅雨は、ダニにとっては格好の繁殖期。
ダニの増殖派通常6~7月に始まり、8月に最盛期を迎えるといわれています。ある実験によると、高温多湿の環境では30匹が約2ヵ月半で1万匹にまで増えたそうです。
ダニは世界中で50万種類以上を数えます。
家屋にいるダニの中で多い種類は、チリダニ科のダニです。これらは人間のフケやアカなどを栄養源とし、畳やじゅうたん、布団などの寝具に潜んでいます。
最も多いのは布団の中で、なんと1m2あたり1万匹のダニが繁殖していることもあるそうです。

ダニの写真

ダニ対策は布団干しだけでは不十分

ダニはそのものだけでなく、糞や死骸はあらゆる病気の原因になりますから注意が必要です。
ダニによってもたらされるのは、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など、アレルギー症状を誘発する疾病。特に「アレルギー性ぜんそく」は、80%以上、ダニが原因であるといわれています。またダニに刺されると皮膚が赤く腫れ、激しい痒みを伴う「アレルギー性皮膚炎」を発症することがあります。
布団のダニ退治には、布団の天日干しがいいといわれています。
しかし、布団を太陽にあててもバンバン叩いても、残念ながらダニを追い出すことはできません。というのも、ダニが死滅する温度は50℃以上。ですから干しただけではダニはその場に留まったまま。さらに布団を叩くことでダニの排泄物や死骸が飛び散ってしまい、逆効果になってしまうのです。
掃除機でダニを吸い取る方法もあるようですが、表面はまだしも中綿の汚れは取れません。

ダニ除去は布団まるごとクリーニングにおまかせ

完璧なダニ退治ができないなら、布団を買い換えるしかないのでしょうか? 廃棄するには捨てるときに費用もかかるし……そんなときにおすすめしたいのが「布団クリーニング」です。
布団をまるごとクリーニングするので、普段の手入れでは取れない中綿に潜んだダニ、その糞や死骸を除去してくれます。また、同時に花粉やホコリ、カビなども洗い流してくれますから、さらに安心です。
最近は、クリーニング期間中に代替の布団を用意してくれるお店もありますから、布団がなくて困ることもないようです。
今までは難しかった羽毛布団のクリーニングに対応するお店も増えていますから、まずは問い合わせてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふとんの湿気対策実施店一覧

お住まいの住所を選んで、あなたにぴったりなお店を見つけてください。

 

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

ページトップへダニを一掃する「布団クリーニング」のご紹介とお店探しページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集