生活情報TOP > 冬の暮らし特集 > 部屋の片付け、収納のコツ教えます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノを減らす!増やさない!お部屋スッキリ片付け術

片付けても片付けてもモノが増えて、家の中がゴチャゴチャしていくばかり……
そんなお悩みを持つあなたに、片付けの極意を伝授。
たったの4ステップで、お部屋の中のいらないものがスッキリなくなって、キレイな状態をキープできます!

STEP1:覚悟を決める!

散らかってる部屋は損をする!とまず自覚する

散らかった部屋は心身に良くない影響を与えます。まず、部屋が汚いとほこりやダニ、カビのせいでアレルギーなどの病気にかかるリスクがアップ。
さらにあるべきところにあるべきものがないといちいち探さなくてはならず、ついイライラ。時間の無駄遣いにもなります。
また広々としたスペースは、気持ちの余裕にもつながります。

ダニ・カビなどのマイナスイメージ画像

STEP2:捨てる!

5秒でカンタン!「必要」「不要」の仕分け

まずは大きなごみ袋か段ボール箱を2つ用意。そして散らかっているものを片っ端から「いるもの」と「いらないもの」に分けて入れていきます。
このとき、1個のものにつき制限時間は5秒。直感で必要・不要を決めていくことがポイントです。人間はあれこれ考え始めると未練が出てくるものですから、必要だと感じたもの以外はどんどん捨てていきましょう。

片付け画像「いらないモノを捨てたら気分もさっぱり!」

STEP3:しまう場所を作る!

こんなところにも発見!探せばまだある収納スペース

押し入れやクローゼットなどの収納スペースが足りなければ、家中のデッドスペースを収納場所として再生させましょう!例えばベッドやソファの下はかなり大きく、活用すればたくさんのモノを収納できます。トイレや洗濯機、玄関の上などには、突っ張り棚を設置して小物の収納に。リビングや寝室には間仕切りタイプのクローゼットや棚を置くことで、収納と目隠しの両方を実現します。

収納画像「タンスの上に棚を置いたり、壁にラックを吊るしても収納が増やせるわね」

STEP4:しまう!

黄金比は8:2!パンパンに詰め込まず余裕を残す

ここで注意したいのは、収納場所にモノを詰め込まないこと。モノはいったん減らすことができたとしても、これからまたどんどん増えていきます。収納スペースに余裕を持たせておかないと、あっという間にモノがあふれて元の木阿弥に。
タンスでも棚でも、使うのは8割にとどめて、残りの2割は開けておくことが、片付いた暮らしをキープするヒケツです。

収納棚画像2点「収納も『腹八分目』がちょうどいいってことね」

スペースを有効活用して賢くお片付け!

ちょっとした空間やデッドスペースにラックなどを設置することで、新たな収納スペースが生まれます。家に実際に置いてみると、大きさやデザインのイメージが異なる場合もあるので、できればお店に足を運んで確認しましょう。

突っ張りラック画像(提供:足立製作所)

突っ張りラック

天井と床に突っ張って設置するタイプのラックは、省スペースで収納力抜群。玄関に設置すれば、コートや傘もかけられます。

冷蔵庫脇ラック画像(提供:株式会社エランド)

冷蔵庫脇ラック

台所回りにあると便利なグッズをコンパクトに収納。

浴室突っ張り棚(提供:ドリームプラザ)

浴室突っ張り棚

角に設置するので邪魔にならず、バス用品をスッキリ収納します。

楽しんで得しちゃう!? 片付けの裏ワザ教えます!

片付けでお小遣い稼ぎしちゃいましょう!

片付けていて不要なものが出てきたら、捨てるのではなくリサイクルショップへ。もう使わないブランド物のバッグや時計、貴金属などは、質屋さんへの持ち込みがオススメ、もう読まない本は古本屋さんに引き取ってもらえますが、大量にある場合は、家まで引き取りに来てくれるサービスも。不要品の整理が、ちょっとしたお小遣いになりますよ。

不用品の集合画像

収納場所は家だけじゃない!

スキー用品や節句の飾り、シーズンオフの家電など、今は使わないけれど後で使うもの、捨てがたい思い出の品ってありますよね。そういうものは思い切って倉庫に預けましょう。温度・湿度管理をしてくれるところならひな人形などを預けても安心。用途や広さに合わせてさまざまなタイプがあります。

トランクルーム画像

制作:NTTタウンページ株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

ページトップへ部屋の片付け、収納のコツ教えます!ページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集