生活情報TOP > 春の暮らし特集 > <介護の基礎知識>要介護認定を受けるまでの流れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メインイメージ

家族には年を重ねてもできるだけ元気でいてほしいし、今は元気で過ごしているから「介護はまだ先のこと」……そんな風に思っていても、思わぬ事故や病気によってある日突然、現実のものとなることも。家族に介護が必要、あるいは必要になりそうなとき、介護サービスを受けるためにはどうしたらいいのでしょうか。

介護サービスを受けるために、まず要介護認定の手続きを行いましょう

介護保険の被保険者は65歳以上の人(第1号被保険者)と、40~64歳までの医療保険に加入している(第2号被保険者)です。下記の手続きを踏んで要介護(要支援)認定を受けることにより、介護保険のサービスを受けることができるようになります。

要介護認定の申請

お住まいの市区町村の窓口で申請をします。介護保険被保険者証が必要です。40~64歳の方の場合、医療保険証も必要です。

一次判定

認定調査員が自宅や施設等を訪問し、心身の状況調査を実施。主治医意見書に基づくコンピューター判定も行います。

二次判定

介護認定審査会により、一次判定の結果と主治医意見書に基づいた判定を行います。

認定

申請から原則として30日以内に認定結果が通知されます。認定は要支援1・2、要介護1~5の7段階に分かれています。

ケアプランの作成・介護サービスの利用

要介護1以上の場合、ケアプラン(介護サービス計画書)の作成は在宅介護支援事業者、ケアマネージャーに依頼できます。作成したケアプランに沿って介護サービスを利用します。要支援1・2の場合、ケアプランは地域包括支援センターにご依頼ください。

40~64歳までの方は、介護保険の対象となる特定疾病※により、介護が必要と認定されることが条件となります。

※末期がん、間接リウマチ、筋萎縮性側索硬化症など、老化が原因とされる16種の疾病

ケアプランとは?

ケアプランイメージ写真

本人や家族の心身の状況、生活環境に配慮し、利用する介護サービスの種類や内容を定めたものです。作成後も利用者の心身の状態を考慮し、随時変更が可能。介護サービス事業者のサービスはケアプランに基づいて提供されます。

介護サービス事業者の選択は利用者が自由に行うことができます。 ケアマネージャーにケアプランの作成依頼をする際、事前にどのようなサービスを提供する事業者があるのかを調べておくのもおすすめです。ケアプランには福祉用具利用の有無についての計画も含まれるため、そちらも確認しておくとよいでしょう。

上手に利用したい、介護・福祉タクシー

「介護タクシー」「福祉タクシー」をご存知ですか? 一般の交通機関を利用しづらい方の移動のためのサービスが介護・福祉タクシーです。介護生活において、ついつい控えがちになってしまうお出かけ。介護・福祉タクシーはそんなときに役立つ心強いサービスです。ご希望に合ったサービスを見つけて楽しいお出かけをしてみませんか?

介護・福祉タクシー利用シーンの写真

制作:NTTタウンページ株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

ページトップへ<介護の基礎知識>要介護認定を受けるまでの流れページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集