生活情報TOP > 夏の暮らし特集 > 果物狩りで収穫体験をする|農園探し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしく食育!子どもと一緒に収穫体験!

ふだん、きれいに洗われてパックに詰められている果物や野菜しか見慣れていない子どもたち。
丸ごとの食材をあまり見たことがないという子どももいるそうです。
そんな子どもたちにぜひ体験させてあげたいのが、果物狩りなどの収穫体験。枝についていたり、根っこがついていたり、土の中に埋まっていたり、そんな食材のありのままの姿を見ることで、子どもたちの「食」に対する意識は変わるはず。
さあ、子どもと一緒に果樹園へ、農園へ、出かけませんか?

行ってよかった!収穫体験

成長途中のいちごをじっと観察してました

子どもが大好きないちごをおなかいっぱい食べようと、初めてのいちご狩りに。やっぱり採れたてのいちごは香りも甘みも強くて、家族みんな大喜びで食べました。子どもはいちごの花やまだ小さく青い果実がめずらしかったようで、「いちごは赤いけど、花は白いんだね」などと言いながら、よく観察していました。

フレッシュなブルーベリーのおいしさに感激!

ブルーベリーはふだん、ジャムなどの加工食品でしか食べたことが無かったのですが、近くにブルーベリー狩りスポットがあると知って家族で行ってきました。ブルーベリーが木になっているところ初めて見られたり、生のブルーベリーを初めて食べたり、さまざまな「初めて体験」に、家族で感動しました!

持ち帰ったりんごでお菓子作りも!

家族で行ったりんご狩り。農家の方にりんごの育て方を聞いて、子どもは「おいしいりんごができるまで、すごくたいへんなんだね」と何かを感じたようでした。農園で食べた新鮮なりんごはジューシーでとてもおいしかったです。おみやげのりんごをたくさん持ち帰ったので、子どもとアップルパイ作りも楽しみました。

※NTTタウンページ社調べ

※当該利用者様の感想であり、個々の利用者によって感じ方は異なります。

だからおすすめ!収穫体験

  • 収穫すること自体が楽しい!
  • おいしそうになっている果物を収穫するのは、大人でもワクワクの体験です。

  • 果物がどんなふうになっているのか知ることができる!
  • ふだんの生活では見ることができない「果物のありのままの姿」を観察することができます。

  • 作っている人や作物に関心が出た!
  • いつも食べている果物などがどんなふうに出来ているかを知って、農家の方や作物自体に感謝の気持ちも芽生えます。

  • 苦手な食べ物を克服できる!
  • いつもは苦手で食べない野菜や果物も、自分で収穫したものは特別。愛着もわくし新鮮だから、おいしく食べられるかも!

  • おみやげでお菓子作り!
  • 持ち帰ったおみやげでお菓子作りにチャレンジすれば、親子のコミュニケーションの機会にもなります。

畑になっているところを見たり、自分で収穫したりすることで、食べ物を大事に考える気持ちも育ちそう

では、どんな収穫体験があるの?

※収穫時期は天候や場所によって大きく異なりますので、お出かけの際は必ず農園にご確認ください。

いちご狩り

おおよその収穫時期:12月~5月

収穫体験初心者さんにぴったりのいちご狩り。手や服、靴もほとんど汚れることはありません。時間制限を設けてその間食べ放題、おみやげは別料金というところが多いでしょう。

さくらんぼ狩り

おおよその収穫時期:4月下旬~8月下旬

初夏の訪れとともに可愛らしい実を付けるさくらんぼ。収穫体験では、果汁あふれる甘酸っぱく爽やかな果実を味わえます。高級果実をこの機会に思いっきり味わいましょう。

ブルーベリー狩り

おおよその収穫時期:6月中旬~9月下旬

ちょっとめずらしい生のブルーベリーが食べられるのは、収穫体験ならでは。みずみずしく甘い新鮮な果実は、ジャムなどとはまた違った味わいです。

ぶどう狩り

おおよその収穫時期:6月中旬~10月下旬

デラウェアや巨峰、ベリーA、甲州ぶどうなど、様々な品種があるぶどう。収穫体験は、食べ放題の場合とおみやげ用のぶどうの刈取り体験などいろいろなパターンがあるので確認を。

梨狩り

おおよその収穫時期:8月上旬~11月下旬

あふれる果汁が魅力の梨。甘さが自慢の幸水、ジューシーな豊水、甘みと酸味のバランスがいい二十世紀など、時期や場所によってさまざまな品種があります。

りんご狩り

おおよその収穫時期:8月上旬~12月中旬

食べなれた果物であるりんごも、採れたてはまた格別のおいしさ。完熟りんごは香りもよく、あふれる果汁が魅力です。おみやげでアップルパイやジャムなどのお菓子作りも。

みかん狩り

おおよその収穫時期:9月中旬~6月下旬

ビタミンたっぷりの甘いみかんを思いっきり収穫&食べ放題。もぎたてのみかんはよりジューシーで、甘酸っぱさが弾けます。

桃狩り

おおよその収穫時期:6月~9月

太陽の光をいっぱい浴びて赤く熟した桃は、かじりつくと果汁がしたたり落ちるほどジューシーで、香りも甘さも際立ちます。

野菜収穫

トマトやキュウリ、ジャガイモ、大根、ニンジン、旬の葉物野菜、キノコなど、農園が栽培している農作物を収穫体験。何が収穫できるかワクワクでお出かけしましょう。

おいしくって、食育にもなって、おみやげもいっぱいの収穫体験。
今度の休日に、ぜひお出かけください!

初めて行くけれど、気を付けることってあるのかしら?

収穫体験をもっと楽しむためのコツ!

早起きして行こう!
たいていの農作物は朝の方が活きがいいもの。またフルーツ狩りは、遅い時間だと、食べごろの果実などがもう採られている場合があります。

氷や保冷ボックスを持って行こう!
果物は冷やすとおいしいものが多いので、氷で冷やしながら食べるのがオススメ。おみやげも、できるだけ新鮮なまま持って帰れるように、保冷ボックスで冷やしながら帰りましょう。

食べるなら完熟!おみやげはまだ若いものを!
完熟した果物などは、その場で食べるのには最適ですが、持ち帰る途中で潰れてしまったり、あまり保存がきかなかったりすることがあります。おみやげは、完熟する少し前のものを選びましょう。

収穫体験以外のお楽しみもチェック!
収穫体験自体はそれほど時間がかかるものではないので、プラスαのお楽しみも見つけておきましょう。近くにレジャースポットがあると、一日遊んで楽しめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時季、どんな収穫体験ができるでしょう?
さっそく旬の収穫体験について問い合わせてみませんか?

収穫体験できる農園一覧

住所を選んで、あなたにぴったりな農園を見つけてください。

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

ページトップへ果物狩りで収穫体験をする|農園探しページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集