生活情報TOP > 夏の暮らし特集 > お墓の建て方【場所・値段・永代供養・納骨堂】 > 全国の霊園・墓地探し|選び方のポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない!後悔しない!
タイプ別に比較!霊園選びのポイント

一度購入すると、孫子の代まで受け継いでいくことになるお墓。大切な家族を祀る場であり、また法事やお盆、お彼岸などこの先何度も足を運ぶことになるだけに、霊園は慎重に選びたいものです。
霊園には大きく分けて寺院墓地、公営霊園、民間霊園の3つのタイプがありますので、それぞれの特徴をふまえて検討しましょう。

寺院墓地

寺院が運営・管理をしている墓地で、多くの場合、寺院の境内か隣接する場所にあります。お寺の宗教活動の一部として運営されているので、お墓を所有するにはそのお寺の檀家にならなければいけないケースがほとんどです。ただその分、お寺と密に関わることができるため、葬儀や法要、供養などで恩恵にあずかる部分もあります。

  • 住職が身近にいるため手厚いお祀りが可能
  • 寺院内に墓地がある場合、管理面が安心
  • お墓の形状やデザインなどに制限がある場合が多い
  • 住職の人柄や寺の行事への参加条件などを確認しておくと安心
  • 石材店が指定されることもある

公営霊園

都道府県や市町村が運営・管理している公営霊園は、宗旨・宗派は不問、永代使用料や管理費も比較的安価、そして自治体が運営しているので将来の管理体制も安定しているということから、非常に人気が高い墓地です。
随時募集を行っているわけではなく、また募集があっても抽選制で高倍率になるケースも多く見られるので、入手したい時に出来ないのが短所です。

  • 自治体運営のため、将来的にも経営や管理が安定
  • 永代使用料や管理費が比較的安い
  • お墓の形状やデザインなどが比較的自由
  • 申し込み資格に制限があったり申込者が多く入手が難しい
  • 石材店を自由に選ぶことができる

民間霊園

公益法人や宗教法人が運営・管理する墓地。景色が自慢、ペットとの埋葬可、自然葬にも対応など、多彩な特徴を打ち出しているところもあります。
多くが宗旨・宗派不問で、区画の広さや墓石のデザインも自由に選べ、また販売数が多いので入手しやすいというメリットもあります。

  • サービスや環境が充実しているところが多い
  • 申し込み資格の制限が比較的緩やか
  • お墓の形状やデザインなどが比較的自由
  • 石材店を指定されていることが多い

霊園を選ぶ際は、現地に足を運んでみることも大切です。実際に行ってみて、交通アクセスや霊園の中・周辺環境の様子、霊園のスタッフの対応などをきちんとチェックしましょう。見学の際は、事前に予約を取ることも忘れずに。お休みの日、家族みんなで出かけてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霊園一覧

住所を選んで、あなたにぴったりな霊園を見つけてください。

 

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

 

ページトップへ全国の霊園・墓地探し|選び方のポイントページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集