生活情報TOP > 冬の暮らし特集 > リフォームで実現する「暮らしたい家」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってましたか? リフォームの助成制度

地震や台風などの自然災害を身近に感じると、住宅の補強などリフォームできないか、考える機会も増えると思います。
ですが、規模の大小こそあれ「工事」になりますから、費用もそうそうお安いものではありません。

そこで、リフォームの目的によっては費用の幾らかを補助してもらえる制度についてまとめてみました。
もしかしたら、これまで諦めていたリフォームに手が届くかもしれませんよ。

補助の種類を知る

お住まいの市区町村によって制度の詳細は違って来る筈ですが、補助金や助成金の制度が設けられているのは、以下のような対象に分類できるようです。

・地域の産業活性化を目的としたもの

・エコロジー対策となるもの

・バリアフリーなどを目的としたもの

・防災や防犯を目的としたもの

これらの全てを実施しているとは限りませんが、これをお読みの方の頭の中にあるリフォームは、助成制度に当て嵌まりそうでしょうか?

家の模型写真

地域の活性化を目的としたもの

地域産業を活性化するため、地域の施工業者に依頼する工事に対して助成する、という制度です。
「地方創生」と同様の効果を期待していると思われますので、首都圏や都市部よりは、地方に設けられていることが多いでしょう。

エコロジー対策

屋根に太陽光発電設備を取り付けるなど、再生可能エネルギーに関わる内容でしたら、ニュースやチラシなどで助成制度についても目にされている方は多いかもしれませんね。
エネルギー関連では、蓄電設備の設置や、電機自動車の充電設備の設置などに対して、助成制度が設けられている例もあるようです。

意外に知られていないのが、熱への対策です。夏の暑い日差しを防いで冷房の電気を節約できるような、遮熱性の高い塗装やフィルムの設置、夏冬ともに節電につながる断熱化工事が、助成の対象になっている市区町村もあります。

他にも、屋上緑化や生垣の造成についても助成制度があるようなので、エコ関連は幅広い可能性がありそうです。

バリアフリー

この工事については、介護認定を受けている人が居ないと関係ないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。

階段や段差で転んで怪我をした結果、介護が必要になってしまった……というような事象を防ぐための、介護予防的な改修に対して費用を助成する制度があります。

お風呂やトイレの改修、扉の改修など、場所については対象が広いです。

防災、防犯

防災は、耐震補強工事や耐火パネル・防水板の設置など、それぞれ気になっている対策工事をすぐに思いつくのではないでしょうか。

意外だったのは防犯で、防犯ガラス設置などに助成されることもあるのだとか。
そんな犯罪多発地域に住んでいない…、と筆者自身は思いますが、あまりにもお粗末な我が家の窓をしげしげ眺めると、ついつい出来心を誘ってしまわないために強固な防犯ガラスがあった方が良いのかもしれないな、と感じました。
そんな時に利用すると良いんですね。

覆面のドロボー写真

詳しくは市区町村、または地域の施工業者さんへ

冒頭でも触れたように、助成される内容も、工事規模や金額も、お住まいの市区町村によって異なります。
詳しくはそれぞれの市区町村へ問い合わせたり、ホームページを確認するのが一番ですが、役所以外でも、助成制度に詳しい方々がいらっしゃいます。
それは、地域の施工業者さんです。

助成制度を受けて施工するには、定められた様式の書類を提出することが必要ですし、受注経験や書類を提出した経験があるのは、やはり地元の工務店や建設会社ということになるでしょう。
ご近所の業者さんを選べば、見積もりをはじめ、打ち合わせの頻度をUPさせやすいでしょうしね。
リフォームについてのご相談は、お近くの専門店に尋ねてみるのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集