生活情報TOP > 春の暮らし特集 > <介護の基礎知識>要介護認定を受けるまでの流れ > ケアプラン作成から在宅介護サービス開始までの流れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メインイメージ

要介護度が認定された後にケアプランを作成することになります。ケアプランに沿って介護サービスの提供が行われるため、どんなケアプランにするのかは今後の介護生活においてとても重要です。在宅介護におけるよりよいケアプラン作成のために、事前に知っておくと役立つことをご紹介します。

ケアプランはどのようにして作成されるの?

【要介護1~要介護5の場合】

まず、ケアマネージャーが利用者の心身の状態や生活状況を確認。そして、家族や近親者の方のご希望、ご要望も考慮してサービスの具体的なプランを作成することになります。サービス種類の選択、福祉用具利用の有無、サービス利用日時などについて詳細なプランを作っていきます。ケアプラン作成後、ケアマネジャーがサービスの提供を行う事業者に連絡し、提供を依頼します。

【要支援1~要支援2の場合】

地域住民の健康医療や福祉の増進などを支援する機関である「地域包括支援センター」がサービス利用に向けたプランの作成を担当。支援内容は要介護のケースと異なりますが、利用者の心身の状態や生活の状況を踏まえて、サービスの具体的なプランを作成します。

ケアプランを作成する前に、本人がどんなサービスを望んでいるのか、誰がどのような役割でサポートしていくのかなどを事前に家族で話し合っておくとよいでしょう。また、ケアマネージャーに相談する際は、ご家族がご本人の気持ちを大切にし、それをケアマネージャーにきちんと伝えることがよいケアプラン作成につながります。

介護サービスはどのように提供されるの?

【要介護1~要介護5の場合】

事前に各介護サービス事業所が利用者の心身の状態や生活の状況を確認し、適切な在宅介護サービスの提供が行われるように準備。その後、各サービス事業所が訪問介護サービスのほか、通所介護サービス、福祉用具貸与サービス、訪問入浴介護サービス、訪問リハビリ・通所リハビリなどを提供することになります。

【要支援1~要支援2の場合】

事前に各介護サービス事業所が利用者の心身の状態や生活の状況を確認。「自立した日常生活の支援」を目指し、在宅介護サービスの準備が行われます。各サービス事業所が、予防訪問介護サービスのほか、予防通所介護サービスなどの提供を開始します。

介護サービスを選択する際は、ご本人の身体の状態や、要望、コストなどを考慮して選ぶことが重要です。サービスの提供が始まったらケアプラン通りに進んでいるのか、今のプランが最適なのかを定期的に確認し、必要と判断された場合にはケアプラン内容の変更が行われます。

利用したいサービスについて知っておきましょう

利用者のご家族が、利用したい介護サービスやそれを提供する事業所について、ケアマネージャーなどと相談する前に、自分で情報収集をしておくこともおススメです。

事前に情報収集をしておけば、ケアプラン作成時に具体的な要望を伝えやすくなるでしょう。

ご本人、ご家族両方ができるだけ希望する介護生活を送るために、サービス内容の詳細や介護体制など、お近くの介護サービス事業所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ご本人様とご家族に合った、介護生活のお手伝いをさせていただきます。

在宅介護サービスについて聞いてみたいこと、
相談したいことがあれば、ぜひ一度お問い合わせください。

協力:有限会社優福介護サービス

iタウンページ店舗情報 | HP

制作:NTTタウンページ株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅介護サービス一覧

お住まいの住所を選んで、あなたにぴったりなお店を見つけてください。

おすすめ
特集

あなたの暮らしを先回りでサポート!

{ ほかにもあります!役立つ情報いっぱいのおすすめ特集 }

事業主さまへ ― 店舗情報の掲載をご希望の方はご連絡ください。

お問い合せ先

NTTタウンページ株式会社

0120-830559

受付時間/ 平日 午前9:30~午後5:00
定休日/ 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いします。

こちらからもお問い合わせいただけます

ページトップへケアプラン作成から在宅介護サービス開始までの流れページトップへ

役立つ情報いっぱいのおすすめ特集